プロフィール

新井信昭プロフィール

知財コミュニケーションの専門家
新井信昭 あらいのぶあき

都立高校卒業後、タクシードライバーで貯めた資金で世界放浪バックパッカー。ユダヤ人との共同生活から、他の人とのコミュニケーションがないと社会的欲求は満たされないことを学ぶ。
特許事務所で研鑽した後、中堅精密機械メーカーで知財戦略を担当し、職務発明制度や社員研修などにより全社員の知財意識を高め知財活用の現実化に成功する。1995年に独立して特許事務所設立。
東京都知的財産総合センター等でコンサル3000件超を経験する中、かみ砕いて分かり易く説明する手法を創り上げた。この手法と、テレビ朝日系アナウンサー・スクールでの訓練と独自研究で身に付けたスキルを活用する説明・解説は、「目からウロコだ」 「知財なるほど」と大好評。知財界の池上彰と呼ばれる。
「伝え方改革で知財活用を現実にする」がモットー。


企業研修・セミナー講師
知財コミュニケーション研究所 代表
ものつくり大学特別客員教授
弁理士・博士(工学)・技術経営修士(リスクマネジメント)
趣味はサックスとフラメンコギター

 

 

 

文献データ無料でお渡ししております。

PDFデータの文献データを無料配布しております。
知財、知財コミュニケーションというものに、少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。

その他お問い合わせはこちら