読者からの質問

知財コミュニケーション講師の新井信昭です。

 

「伝え方を変えれば9割伝わる!」の中身について

読者から質問が届きましたので紹介します。

 

質問は、書籍P48にある「新規性テストの一例」

の中の

№5の「展示会者の説明員」とは

自社の説明員の事でしょうか?

というものです。

 

説明する用意があるということは、

その社員の守秘義務が解除されたことになるので、

その時点で新規性がなくなる、

ということです。

 

これって、すごくいい質問ですね。

私の想像ですが、

社員だったら、守秘義務をもっているはずだ、という前提が

質問にあります。

これと同じ思いを、

あなたが講師となるときに

受講者に味わってもらってください。

 

そうすることで、

その後の講師説明を受け入れる用意が

受講者の中で整います。

効果的なセミナーになること請け合いです。

これが、

新規性テストの狙いです。

 

お読みいただき有難うございます。