伝え方を変えれば9割伝わる!Amazonレビュー

知財コミュニケーション講師の新井信昭です。

 

「伝え方を変えれば9割伝わる!」に対し

Amazonレビューが届きましたので

一部を引用してご紹介します。

投稿して下さった方、有難うございます。

 

投稿者は

知財について

漏れなく正確に伝えることは難しい、としてうえで

「著者は、情報を整理してざっくり伝えることを推奨している。
正確に伝えようとして、上司からわからないといわれているわが身にとって、こういう伝え方もあると学んだ」

とコメントしています。

ぜひ実践してみてください。

 

漏れなく正確に伝えようとして伝わらないなら、

結果として伝わっていないわけです。

そうであるなら、

伝えたいことに絞り、

その案件について不要なことは

思い切って伝えないほうが伝わります。

 

伝えないことがあると気持ち悪い、

例外があることを知っておいてもらわないと不安、

であるなら、こうしたらどうでしょう。

 

「法律ですので例外はありますが、」

と一言いっておいて、

「本件に関するポイントは、これとこれです」

とつなげ、

最後に

「例外が適用されるときは、

あらためてご報告します」

というように、

「例外あり」+「ポイント」+「例外は別途報告」

というようにサンドイッチにしたらよいですね。

 

最後に、

書籍「伝え方を変えれば9割伝わる!」は、

まもなくAmazonから購入可能になることを

ご報告いたします。

 

お読みいただき有難うございます。