相手の立場に立った伝え方

知財コミュニケーション講師の新井信昭です。

 

大野晋著「日本語練習帳」によれば、

漢語は細かい言い分ができる、

それは二つの概念が一つにまとめられて一語となっているからだ、

とのこと。

 

では、これを「拒絶理由」の「拒絶」に当てはめてみます。

「拒」は、相手の要求を断ること。拒むことですね。

「絶」はたえること。

 

「拒」だけなら、「お気持ちは分かりますが、そこを何とか」とか言って、

やり方次第で、状況が変わる雰囲気があります。

では、「絶」はどうか?

「拒絶」以外にどのような言葉に使われているか見てみると、

絶命、絶滅、絶縁、廃絶、絶対...取り付く島もない、雰囲気が漂います。

「絶」が加わると、もうアウトのイメージしかありません。

 

これがイケない。

「拒絶理由」と言われた出願人や発明者は

ギョッとしてしまいます。

特許アレルギー源になりかねません。

 

「特許性のコメント」と呼ぶことを提案します。

これなら出願人や発明者も受け入れやすい。

「詳しく聞かせてくれ」という気になる。

 

知財を分かってもらおうとするなら、

聞く人の立場に立つ。

伝え方に工夫が必要ですね。

 

お読みいただき有難うございました。