「おじいちゃんのノート」 知的財産管理技能検定に合格!

知財コミュニケーション講師の新井信昭です。

 

机の上で開くと、

双子の山になってしまうのが、

これまでのノート。

 

中村のおじいちゃんは、これを真っ平にするノートを作りました。

中村のおじいちゃんは、

私の著書「伊右衛門本」を読んで、

受験を決意。

そうとなれば

私も血が騒ぎます。

願書の提出を含め

色々お手伝いしちゃいました。

 

2019年3月3日の雨の降る日曜日に

知的財産管理検定3級にチャレンジし、見事に合格。

昨日、合格証が届きました。

▲中村印刷所の前で、中村のおじいちゃんとツーショット 2019.04.17

 

おじいちゃんの自己採点では

「新井先生、だめだった」

と聞いていたのですが、

蓋ならぬ封筒を開けてみると

中に入っているのは「合格通知」でした。

 

おじいちゃんは、75歳。

ご努力に脱帽です。

これ以上は、何も申し上げることはありません。

 

私は知的財産管理技能検定の受験を

たくさんの人にお勧めしています。

というのは、日本中に

知的財産のインターフェースを持った人、

つまり「知財人口」を増やすためです。

インターフェースがあれば

色々な知財情報をゲットして消化吸収することができます。

知的財産に関する実務、政策、裁判などに一般の人の関心・監視

が届くようになります。

 

そうすれば、日本の知財立国が現実のものになると

信じるからです。

 

私自身、知的財産検定に対する要望がないわけではないですが、

今、知財人口を増やすツールとして、

これに代わるものは日本に見当たりません。

 

お読みいただき有難うございました。