NHK「逆転人生」取材を受けて

知財コミュニケーション講師の新井信昭です。

 

「逆転人生」「最強アップルVS.貧乏発明家」には、

残念ながら弁理士の活躍を取り上げる時間がなかったようです。

 

そこで、

番組「最強アップルVS.貧乏発明家」をご覧になった

弁理士に向けての提案です。

 

私の著書「iPod特許侵害訴訟」を使い

次のようにクライアントに説明してください。

 

「これが私たちの行っている仕事です」と。

 

自戒を込めて言いますが、

弁理士の仕事は書類作りがメインであることのせいか、

発信が苦手すぎますよね。

しっかりとアピールしないと、

弁理士の仕事が正しく評価される日は

永遠に来ないかもしれません。

 

お読みいただき有難うございました。