NHK「逆転人生」取材を受けて

知財コミュニケーション講師の新井信昭です

 

NHKで朝8時から放送されている朝ドラ「まんぷく」が昨日で終わりました。

このドラマは、日清食品の故安藤百福さんがモデルです。

チキンラーメンからカップヌードルまで。

 

何回目の放送だったかまでは覚えていませんが、

チキンラーメンの特許と商標が突然に登場。

「あれだけ忙しいのに、いつのまに特許を出願したんだろう」

なんて、ドラマであることを忘れて考えこんだりして。

 

「最強アップルVS.貧乏発明家」は、NHK「逆転人生」のトップバッター。

シリーズもののトップは、その番組の主張率に大きく影響します。

だって、最初がつまらなかったら、誰も次を見ようとしませんよね。

トップに据えられたのは、インパクトある内容だから、は間違いないとして、

私にはもう一つ理由があると思っています。

 

それが、先の朝ドラ「まんぷく」です。

このドラマに出てきた「特許」や「発明」という言葉が視聴者の頭に残っているときに

アップルの特許訴訟をもってくればヒットする、と考えたからかもしれません。

もちろん、本当のことは分かりませんがね。

 

最後までお読みいただき有難うございました。