理解のために思い切って端折る

 

知財コミュニケーション研究所代表の新井信昭です。

 

あなたの知財コミュニケーション力をアップするためのブログです。

 

知財が分かりづらいと誤解される一つの理由は、

概念をつかみづらいという点にあります。

 

つかみづらいなら、つかみやすいようにすればいい。

水は形がないからつかめないが、氷にすればつかめます。

 

たとえ話がとても有効です。

 

たとえば、説明しづらい商標権の「専用権」と「禁止権」。

「専用」だから自分だけで自由に使える、「禁止」だから他人に使わせない、

というのは勉強したから分かるのであって、

始めて聞く人にはなかなか腑に落ちません。

 

これをたとえば、「城」と城を囲む「堀」にたとえたらどうでしょう。

城には殿様と家来しか住めません。

堀の中には敵が入れません。

 

堀(禁止権)の範囲は商標権者が実質的に使用できるのだから

正確ではない、という専門家の聞こえそうです。

 

余り厳格に考えないでください。

始めて聞く人にザックリと理解してもらうためには、

思い切って端折ることも時には必要です。

 

今日も素晴らしい一日でありますように。