過ぎたる尊敬語、謙譲語、丁寧語は入れない

 

こういう出だしの社内プレゼンありませんか?

「本件発明の特徴について

開発部企画課の〇□健介が発表させて頂きます。

目次はこのようになっています・・・」

 

丁寧すぎてしまって、

聞き手がなかなか自分事として聞く気になれません。

「発表します」の方がシンプルで分かりやすいですね。

 

大丈夫。

「説明します」と言っても、

たとえ、相手が目上の人でも

失礼に当たりません。

むしろ、

過ぎたる尊敬語、謙譲語、丁寧語は入れないほうが

「あいつの話は分かりやすい」

となります。

伝えたいのは、

「この発明は特許性があるし、ビジネスにも有効です!」と

聞き手の目を見ながら自信もって伝える

ことのほうが大事ですし、効果があります。

 

プレゼンをシンプルにして

成果を出してくださいね。