ストーリーを通して伝える

 

著名な心理学者の一人にジェロム・ブルーナーがいました。

ブルーナーは、

人が何かを理解するには、お互いに補完関係にある次の2つの様式があります。

・パラディグマティック様式(論理・科学的様式)

・ナラティブ様式(物語様式)

と言っています。

 

かなり小難しいですが、次のように考えると分かりやすいです。

「速さ×時間=距離」という数式は論理・科学的様式によるもの。

これを、「鈴木君が時速5キロで4時間走ると20キロメートルの距離になる」

というストーリー(物語)にするとすごくイメージしやすいですよね。

 

要は、何か伝えるときに

ストーリーにすると相手がイメージしやすい、ということです。

著書「iPod特許侵害訴訟」は、特許実務をストーリーを通して伝えるために

書いたものです。